ドイツVolkswagen(VW)社が2016年6月に公表した、2025年までに電気自動車(EV)の世界新車販売台数をグループで300万台とする目標は、自動車業界に大きなインパクトを与えた。急速に電動化を進める中で、VWグループの高級ブランドAudi社は将来の自動運転技術の採用を見据えて、注目すべき電動コンセプトカーを相次いで公開している。今回は、Audi社の電動コンセプトカーや環境対応車の技術プラットフォームを見ていく。

電動化と自動運転技術の方向性

 Audi社は2017年9月のフランクフルトショーで、2台のEVコンセプトカーを公開した。完全自動運転(レベル5)を目指した4ドアクーペの「Aicon」、高度な自動運転機能(レベル4)を備えたSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の「Elaine」である(図1)。いずれもVWグループの電動化プラットフォーム「MEB:モジュラー・エレクトリック・プラットフォーム」の採用が前提になっている。

図1 Audi社のコンセプトカー「Elaine」と「Aicon」
2017年9月のフランクフルトショーに登場したAudi社の2台のコンセプトカー。「Elaine」(手前)と「Aicon」。Volkswagenグループは電動化プラットフォーム「MEB:モジュラー・エレクトリック・プラットフォーム」を打ち出しており、これらもMEBを採用すると見られる。Volkswagenブランドは既に2020年に電動車ブランド「I.D.」を用い、ゴルフクラスの「I.D.」と、VWバスを彷彿とさせる「I.D.Buzz」の量産化を発表している。さらに2025年までに世界で15車種もの異なる電動モデルを投入する。この方針の中でAudi社は2019年までに2タイプの電動プラットフォームを採用したSUVを市場投入する予定だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 VW社は2020年に電動車ブランド「I.D.」として、ゴルフクラスの「I.D.」やVWバスを思わせる「I.D.Buzz」を量産化する計画であるのに対して、Audi社は先に述べたようにSUVを中心とした電動化プランを立てており、2018年にSUVタイプのEVを量産化する予定とし、第2弾として2019年にElaineを基本としたスポーツタイプの電動SUVを投入するとしている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら