1. 米スタートアップのGyrfalconがAIスティック、独自アーキテクチャーで電力効率はIntel品の90倍
  2. 最大+8dBmの送信電力、東芝がBLE 5.0対応の無線SoC
  3. NXP、77GHzレーダーのトランシーバーIC、ADAS、自動運転向けアプリケーションを構築
  4. 欧州高級車の操作感と静音性、アルプスが自動車用スイッチを一般向けに販売
  5. リコー電子デバイスがDC-DCコンバーターIC、超低電力で起動するエナジーハーベスト向け
  6. メカトラックスがラズパイ用A-D変換モジュール、分解能24ビットで高精度の計測が可能
  7. パナソニックがFFC/FPC用コネクター、USB3.1 Gen2対応で伝送速度10Gbpsを実現
  8. Microchip、宇宙用途向け8ビットMCU、CANバス対応でモーター制御も可能
  9. アドバンテストが半導体開発現場用ハンドラー、人手に頼らず検査を効率化
出典:2018年3月号 pp.103-106 日経エレクトロニクス
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。