量子効率を高めた近赤外線イメージセンサーの断面(写真:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは、同社従来製品に比べて量子効率を約2倍に高めた、Si製の近赤外線イメージセンサー(撮像素子)を開発した注1)。850nmにおける量子効率は、条件により異なるが35%前後と高い。従来製品では同18%ほどだった。開発品は、虹彩認証用途に向けて2017年7月から量産している。

注1)開発品の詳細を「2017(63nd)IEEE International Electron Devices Meeting(IEDM 2017)」で発表した。

 効率が高い分、顔に照射するLED光源の明るさを抑えられるので、消費電力を削減できる。あるいは、近赤外線が少ない環境下でも、精度よく虹彩認証が可能になる。今後は、顔認証やモーションセンサーなどの用途も狙う。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら