産業技術総合研究所(産総研)は、センサー素子の構成要素となるカンチレバー(片持ち梁)やブリッジ(両持ち梁)などの微小立体構造を、印刷で形成する新手法を開発した。既存の半導体製造プロセスと比べ製造時間を約80%減らせる。既存プロセスで必要な真空工程をなくし、全工程を大気中で実施できるため、高価な装置も不要だ。2020年の実用化を目指す。

ここからは有料会員の登録が必要です。