開発したGaN系LED105個を、単三の乾電池4個で光らせた様子
[画像のクリックで拡大表示]

 「GaN系半導体だけでRGB(赤色、緑色、青色)の発光色がそろい、マイクロLEDディスプレーをモノリシックに作製可能になった」――。

 こう述べるのは大阪大学 教授でナノサイエンスデザイン教育研究センター センター長の藤原康文氏だ。藤原氏の研究室は2017年に非常に高い色純度で赤色発光するGaN系LEDを開発した。光出力は20mA注入時に1.25mW。外部量子効率は3.3%と、従来の赤色発光GaN系LEDに比べて大幅に高い。しかも、既存の青色発光GaN LEDや緑色発光GaN LEDと同じ有機金属気相成長法(MOCVD)で製造できるため、RGBのGaN系LEDを1チップ上に集積した超小型マイクロLEDディスプレーの比較的低コストでの製造が視野に入ってくる、というのである。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら