Samsung社のNANDフラッシュメモリー製造工場「ピョンテク」(写真:Samsung社)
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronics社の半導体事業が絶好調だ。しかも2017年の設備投資額は例年の2倍超となる約2兆9000万円。これが半導体業界にショックを与えている。「もはや誰も追いつけない」「競合、特に東芝と中国の後発メーカーをつぶす狙いだ」といった推測がネットに飛び交う。

ここからは有料会員の登録が必要です。