【技術】ドイツSchaeffler社、
IoT対応のセンシング技術

 ドイツShaeffler社は、工作機械のIoT(Internet of Things)化に向けたセンシング技術を開発、欧州工作機械見本市「EMO2017(通称EMOショー)」に出展し、同時に商品化した。DMG森精機と共同で進めているIoT関連のプロジェクト「Machine Tool 4.0」の一環。直動案内と主軸にセンサーを組み込み、工作機械に異常や故障が生じる前に知らせる予知保全に生かす。

 新しいセンシング技術の1つは「INA DuraSense」。直動案内に加速度センサーを組み込んだもので、振動を測定してデータを収集する。この振動データに対してある閾(しきい)値を決めておき、その閾値を超えた場合に直動案内にグリスを供給する。振動データから直動案内の摺動部の状況を把握し、必要な時に必要な量のグリスを供給する仕組みだ。グリスの供給量を従来から約30%減らせる。

 もう1つの新しいセンシング技術は、「FAG SpindleSense」。主軸が内蔵する軸受の真横にセンサーを組み込み、軸受にかかる負荷や温度、振動を検出する。これらを収集・分析して軸受の状況を把握。異常が発生する前に軸受の状況を知り、予知保全に活用する。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら