工場のデータを収集・分析して新たな知見を得る工場IoT(Internet of Things)化が必須であることは衆目の一致するところだが、既存設備でデータ収集できない─。アンケートからは、工場IoTによる業務の効率化には極めて肯定的で、特集2で見たように期待も大きいことが分かる。一方で、古い装置からのデータ収集、収集したデータの整形といった課題に直面している姿も浮かび上がった。

Q1 これからの工場には、工作機械や設備などからデータを収集・分析して新たな知見を得たり、業務を効率化したりする仕組みが必要だと思うか

[画像のクリックで拡大表示]

9割以上が「必要だと思う」と回答。「必要ないと思う」はわずか0.7%で、工場のIoT化には、極めて肯定的なことが分かる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら