数千年の歴史がある歯車だが、現在主流となっている歯形は加工方法の制約を受けているものが多い。しかし近年、5軸制御のマシニングセンターなどの性能が向上し、自由な歯形を精度良く効率的に加工できるようになってきた。そんな中、これまでにない全く新しい歯形のスパイラルベベルギア(まがりばかさ歯車)が登場した。

ここからは有料会員の登録が必要です。