[画像のクリックで拡大表示]

軽量化技術がかつてないスピードで進化している。3Dプリンティングや異種材料接合、新材料の開発がこの急速な進化を支えている。だが、それ以上に興味深いのは、コストと軽量化を天秤に掛けて、軽量化を重視するという声が大きくなっていることだ。つまり、多少のコスト上昇であれば許容するという考えが、軽量化技術の開発を促進しているわけだ。その技術の開発をけん引するのは、厳しい環境規制への対応と低燃費競争を続ける自動車分野だが、他の分野にも軽量化ブームは広がりつつある。軽量化設計のアイデアを探している設計者に、[1]樹脂化、[2]CFRP(炭素繊維強化樹脂)化、[3]加工/熱処理、[4]異種材料接合、の切り口で分けつつ、実用化段階にある10の軽量化技術を解説する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら