CO2排出規制をクリアする上で、自動車の車体の軽量化は重要な課題だ。しかし、衝突安全基準への対応や先進機能の搭載で自動車はなかなか軽くならない。そこでカギを握るのが、アルミニウム(Al)合金や炭素繊維強化樹脂(CFRP)といった軽量材料や先進的な鋼板の、材料・製法を生かした使いこなしだ。ホンダ「NSX」、トヨタ自動車「プリウスPHV」における軽量材料の活用術と今後登場する新製法を探る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら