2017年10月~11月にかけて、神戸製鋼所や三菱マテリアルと東レの子会社による品質データ偽装が相次いで発覚した。その背景には、品質より収益を優先する体質などがある。神戸製鋼のアルミ・銅事業部門では、出荷基準から外れた不適合品の発生率が4%に達していた。素材メーカー任せでは再発は防げない。顧客を含めて品質管理の在り方を見直す必要がある。

(上:神戸製鋼の会見、左下:三菱マテリアルの会見、右下:東レの会見)写真:尾関裕士、都築雅人
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは有料会員の登録が必要です。