写真提供:BMW社、GM社

視覚と聴覚に訴えかけてきたクルマのHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)に、新しい伝達手段が加わる。自動車メーカーが着目し始めたのが触覚だ。振動を活用することで、安全性と快適性を高められる。ディスプレーへの適用ではドイツAudi社が、シートへの展開では米GM社が先行する。「振動は抑えるもの」という前提は過去のものになった。振動を味方につける取り組みに迫った。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら