自動運転の分野で大手自動車メーカーの隙を突く動きが起きている。心臓部のソフトウエアを公開(オープンソース化)し、デファクトスタンダード(事実上の標準)を狙う動きだ。日本では大学発ベンチャーのティアフォー、中国ではBaidu社(百度)が進めている。普及次第では、大手自動車メーカーは戦略の見直しを迫られる可能性がある。(本誌)

写真提供:ティアフォー、米NVIDIA社

ここからは有料会員の登録が必要です。