“超”低燃費エンジンの開発が進んでいる。超希薄燃焼(スーパーリーンバーン)や大量EGR(排ガス再循環)、HCCI(予混合圧縮着火)、吸気量を大きく減らしたミラーサイクル―。これらを実用化するには条件がある。激しくなると予想されるターボラグを克服することだ。ドイツ大手自動車メーカーが実用化し始めた、ターボラグを解消する最新の過給技術を解説する。

写真提供:(上)BorgWarner社、(下)Audi社

ここからは有料会員の登録が必要です。