SUBARU(スバル)は高速道路における自動車線中央維持(自動車線維持)機能を進化させた高度運転支援システム(ADAS)「アイサイト・ツーリングアシスト」の搭載を開始した。その先陣を切るのが2017年8月発売の新型ステーションワゴン「レヴォーグ」と新型スポーツセダン「WRX S4」。車線の区画線(白線や黄線)が見にくいなど、従来は自動車線維持を継続できなかった状況の約8割でその継続が可能となる。

写真提供:スバル

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら