【日本市場】「N-BOX」が4カ月ぶりにトップ、「ノート」が2位、低燃費で小回りの利くクルマが上位を占める

ホンダ「N-BOX SLASH」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2017年7月の新車販売台数ランキング。

 登録車と軽自動車を合わせたランキングで、4カ月ぶりにホンダ「N-BOX」がトップになった。N-BOXは秋に全面改良を予定しており、モデル末期だが販売は好調。2位は日産自動車「ノート」、3位が日産「デイズ」。

 前月首位のトヨタ自動車「プリウス」は4位に後退した。6月19日にデザイン変更したトヨタ「アクア」は、プリウスと僅差で5位。

 7~11位は軽自動車が並んだ。トップ10内では6車種が軽自動車となり、登録車はハイブリッド車と小型車だ。低燃費で小回りの利くクルマが上位をめている。

 7月の登録乗用車の販売台数は24万1127台で前年同月比1.3%減。軽4輪乗用車は11万6141台で11.7%増だった。

2017年7月の日本車名別ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら