スズキは2017年12月、クロスオーバーSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)タイプの新型小型車「クロスビー」を発売した(図1)。同社の小型車として初めて、排気量1.0Lで直列3気筒の直噴ターボガソリンエンジンを使うマイルドハイブリッド車(HEV)を設定した。ボディー骨格に高張力鋼板を多用することで、質量の増加を抑えながら衝突安全に対応した。

図1 クロスオーバーSUVタイプの新型小型車「クロスビー」
排気量1.0Lの直噴ターボガソリンエンジンに、マイルド・ハイブリッド・システムを組み合わせた。
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車のマイルド・ハイブリッド・システムは、BSG(ベルト駆動のスターター兼オルタネーター)でエンジンの駆動を支援する。1.0Lの直噴ターボエンジン「K10C型」は、小型車「スイフト」に搭載しているものを改良した。変速機は6速自動変速機を組み合わせる。1.0Lの直噴ターボエンジンを使うマイルドHEVの設定は、今回が初めてである注1)

注1)スイフトには1.0Lの直噴ターボエンジン搭載車と、排気量1.2Lの直噴NAエンジンを使うマイルドHEVがある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら