2021年にEV事業を黒字化する

GM社CEOのMary Barra氏

 米GM社は、2021年に電気自動車(EV)の事業を黒字化させると発表した。2018年1月に米国で開いた投資家向け説明会で、同社CEO(最高経営責任者)のMary Barra氏が宣言した。

 EV事業を黒字化する上でカギを握るのが、搭載するリチウムイオン電池のコスト低減だ。GM社は現在、韓国LG Chem社の電池を使うEV「Bolt」(容量60kWh)を量産している。電池のコストは1kWhあたり145ドル(1ドル=110円換算で約1万6000円)で、EV1台で100万円近い。2021年までにコストを30%低減する。生産量を増やすとともに、電池材料も改良する。

 GM社は、2023年までに20車種のEVを発売する計画だ。まず、2019年までに2車種を投入する。複数のEVに共通の電池を搭載して生産量を増やす。材料では、高価なコバルト(Co)の使用量を減らし、代わりにニッケル(Ni)を増やす。Niはコスト低減だけでなく高エネルギー密度化にも効く。

 こうした計画を着実に実行しなければ、EVの黒字化は絵に描いた餅となる。EVメーカーの“大手”となった米Tesla社は普及価格帯のEV「Model 3」の量産に手間取っており、赤字が膨らんでいる。GM社は老舗の実行力を見せつけられるか。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら