スウェーデンVolvo社が2020年に向けた電動化に舵を切り始めた。新プラットフォーム2種類で、エンジン車からプラグインハイブリッド車、EVまですべてに対応していく。世界販売台数は現在の約50万台から80万台に伸ばし、世界での存在感を高める。

写真提供:Volvo社

 「Volvoはこれまで安全性で業界をリードしてきた。今後は電動化でも先進性を追求していく」─。スウェーデンVolvo Car Group(Volvo)社は2015年10月末、本社のあるスウェーデン・ヨーテボリで、2020年に向けた電動化戦略を明らかにした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら