写真提供:トヨタ自動車
[画像のクリックで拡大表示]

今から13年後の2030年。クルマを構成する材料は大きく変わっているだろう。現在、2020年代の実用化を目指して開発されている次世代材料の、さらに一世代先の材料が使われ始めるからだ。“エネルギー効率向上”、“省資源”、そして“軽量化”に貢献する、注目すべき10大材料を紹介する。

出典:2017年2月号 pp.42-43 日経Automotive
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。