ポストLiイオン2次電池の開発を積極化しているソニー。同社の次世代電池の開発方向性について、ソニーエナジー・デバイス副社長の川平博一氏と、同社 第1事業部門 商品開発部統括部長の石井武彦氏に聞いた。

──スマートフォンやタブレット端末向けのラミネート型電池のエネルギー密度はどのように向上するか。

 現行のエネルギー密度は体積あたりで700Wh/L程度だ。ここ数年のうちには750~800Wh/L程度が求められると想定している。あまり細かい話はできないが、電圧や材料など含めて改善することで対応していく。

 ここへきて、電池のエネルギー密度向上ペースは高まっている。50Wh/L程度、毎年上積みされているような感触だ。ユーザーである機器メーカーから、容量増へのニーズが大きいことが理由だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら