認識率が高まり、スマートフォンなどでタッチパネル代替のユーザーインターフェースとして使われている音声認識技術が、いよいよ新しいフェーズに入った。声で各種サービスを呼び出し、そのサービスが“人”であるかのように会話しながら手続きを進める製品が急激に売れ始めたのだ。それに追随する製品も雨後の筍のように爆発的に増えてきた。

 変化が激しいユーザーインターフェース(UI)の世界で、ひときわ大きな変革が始まった。“会話”が新しいUIとして脚光を浴び始めたのだ。そして会話の内容や相手は、当初の雑談から、さまざまなビジネスへと大きく広がりつつある。機器を操作するだけのキーボードやタッチパネルの代替を超えて、人や各種サービスを動かすツールとして会話が使われ始めている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら