トヨタ自動車が2003年に世界初の駐車支援機能「インテリジェントパーキングアシスト」(IPA)を実用化して14年。他社が続々と追従し、最近では操舵に加えてブレーキやシフトの操作も支援するようになった。先進的な7車種に試乗し、自動駐車に向けた進化を追った。

[画像のクリックで拡大表示]
出典:2017年7月号 pp.42-43
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。