2017年3月、資生堂の掛川工場(静岡県掛川市)のメーキャップ製品組立工程で、双腕の協働ロボット「NEXTAGE」が稼働を始めた。ファンデーションなどの粉末化粧品のセル生産工程において、セル内の作業者のすぐ横で2台のNEXTAGEが箱詰め作業を行う(図1)。

* 経済産業省の「平成28年度ロボット導入実証事業」を利用して導入した。NEXTAGEによる生産システム構築を手掛けるグローリーが、開発から実証、導入に協力している。

図1 資生堂が掛川工場に導入した2台のNEXTAGE
メーキャップ製品の仕上げ工程のセル生産ラインに導入した。20種類以上の詰め替え用粉末化粧品(ファンデーションなど)の箱詰め作業をこなす。
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは有料会員の登録が必要です。