(イラスト:Getty Images)
日経エレクトロニクス 大石 基之編集長から
 人工知能(AI)を活用した製品を作りやすくするためのソフト環境が整ってきました。ベンチャー企業や大手IT企業が、エッジやクラウドで活用できるソフト基盤を相次いで発表しているのです。これらを活用することで、深層学習などのさまざまな手法を手軽に活用できるようになります。本特集「誰でもAI、ソフトでお助け」では、こうした最先端の動きをまとめました。
出典:2017年5月号 p.55 日経エレクトロニクス
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。