カメラやイメージセンサーの仕様・性能の基準が、人の眼に捉われなくなり、多様な方向に進化する動きが具体化してきた。市場と技術で先頭を走るソニーなどが、CMOSイメージセンサーに測距機能を追加する技術、波長別に撮像する技術、1000フレーム/秒の高速撮像を実現する技術などを開発中だ。光学部品をなくすレンズレス技術の開発も始まった。

ここからは有料会員の登録が必要です。