日本電産の勢いがとまらない。1973年の創業以来、シェア拡大や積極的なM&A(企業の合併や買収)で成長を続け、2014年度に連結売上高1兆円を超えた。2015年度は1兆1500億円になる見込みで、2010年度の約2倍になる計算だ。今後も同じペースで成長を続け、2020年度2兆円、2030年度10兆円を目指す。この目標の実現のための施策を次々と打っている。

 世界最大の“総合電装メーカー”になる─これが、日本電産の将来像だ。モーター単体だけでなく、駆動回路などの周辺部品を取り込んだモジュール化を進めて、電装化に必要なあらゆる技術を提供していく。いわゆる、「メガサプライヤー」と呼ばれる巨大部品メーカーを目指す。自動車業界でいえば、「ドイツRobert Bosch社」(同社 代表取締役会長兼社長の永守重信氏)に相当する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら