ヘッドマウントディスプレー(HMD)と体感ゲーム機のようなメカ機構を組み合わせた装置で、VR(バーチャルリアリティー)を楽しむ「ロケーションVR」のサービスが本格化している。中でも積極的なのが、バンダイナムコエンターテインメントだ。同社は、ロケーションVRの施設を東京・新宿に開設し、2017年7月から運営を始めた。同施設の責任者の小山順一朗氏に、施設開設の狙いなどを聞いた。

小山 順一朗氏 (こやま・じゅんいちろう)
日本大学理工学部卒業後、1990年にナムコ入社。メカ技術者として体感ゲームに従事。2015年から、VR関連プロジェクトを主導。日本のVR業界では「コヤ所長」として知られる。(人物写真:加藤 康)

 VR(バーチャルリアリティー)のキラーコンテンツは何か。それは「取り乱す」コンテンツです。実際、我々が2017年7月に東京・新宿に開設した「VRアクティビティー」の施設「VR ZONE SHINJUKU」では、「さあ、取り乱せ。」をキャッチコピーにしています。VRアクティビティーとは我々の造語で、ヘッドマウントディスプレー(HMD)による映像だけでなく、コンテンツに連動した振動や音などを発生させる座席やコントローラーといった「メカ機構」を組み合わせたものです。

 VR ZONE SHINJUKUのような施設をVR業界では、家庭でプレーするHMD中心のVRと分けるために、「ロケーションVR」と呼びます。VRアクティビティーは、ゲームセンターにあった「体感ゲーム」の進化した姿、と考えると分かりやすいかもしれません。

 大人になればなるほど、取り乱すことは少なくなります。人前だとなおさらです。ですが、VRアクティビティーであれば、冷静な人だって取り乱す。VR ZONEを始めるにあたり、社内で社長以下、何名かの経営陣にVRアクティビティーを試してもらったところ、面白いように取り乱しました(笑)。例えば、「極限度胸試し高所恐怖 SHOW」という、ビルの高所から外側に飛び出ている細い木の板を伝って歩き、その板の先端にいるネコを助けるというコンテンツがあります。これを体験してもらったところ、ある人は四つん這いになって「怖い怖い」と大騒ぎ。冷静な経営陣の取り乱す姿を見てこれはいけるな、と手応えを感じました。体験者が取り乱して「ワー、キャー」と言う姿は、外から見ている人や順番を待って並んでいる人から見ても、面白いので飽きません。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら