先進国の中でも最低レベルといわれる生産性を高めるべく働き方改革に取り組む日本企業が増えている。製造業の分野でお手本になり得るのは、ドイツだ。もともと高い生産性を誇っていたのに加え、近年はインダストリー4.0に代表されるデジタル変革でも先行する。ドイツ流を取り入れる動きが目立ってきた。

写真:ゲッティ イメージズ
[画像のクリックで拡大表示]
出典:2018年2月号 p.39 日経ものづくり
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。