触覚の情報を検出する触覚センサーには、さまざまな方式がある。触覚センサーの活用では、用途に適した方式を選択することが重要だ。万能な触覚センサーの開発は極めて難しく、合理的な取り組みとは言えない。ヒトが「何をどう捉えているか」を理解し、多種多様な方式を適材適所で使いこなすことが求められる。(本誌)

 ヒトの触知覚をセンサーで代替する際のポイントは、ヒトが「何をどう捉えているか」を理解した上で設計することである。触覚センサーの基本原理を図1に示す。一見して分かるように、ヒトとセンサーは基本的に同一である。ヒトの場合は、発生した力学的相互作用による皮膚変形を機械受容器の変形に置き換え、電気信号すなわち神経パルスとして伝える。センサーの場合は、力学的相互作用でもたらされる何らかの変形を振動や光などの変化に置き換えた上で、電気信号を発する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら