マツダのエンジン革命が再び始まる。世界一の圧縮比に達した現行エンジンに続き、2019年に夢の超希薄燃焼ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を量産する。1次エネルギーを考慮したCO2排出量で、電気自動車を上回る環境性能を狙える。さらに高級路線を目指し、低排出ガスの直列6気筒ディーゼルを投入する計画があることが分かった。ディーゼル不信に加えて内燃機関廃止論まで飛び出す世界の潮流に、他を圧倒する技術で抗戦する。

写真提供:マツダ、宮原一郎
[画像のクリックで拡大表示]
出典:2018年1月号 pp.36-37 日経Automotive
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。