現在、日本で市販されている自動運転機能(自動車線維持機能)の実力はどのくらいなのか―。日経Automotiveは、最新の6車種について、首都高速道路の一部を用いた公道試験と、日本自動車研究所(JARI)の施設を用いた特異環境試験を実施した。トップの栄冠に輝いたのは、ドイツDaimler社「メルセデス・ベンツ」ブランドの「Eクラス」だった。

写真:宮原一郎
[画像のクリックで拡大表示]
出典:2017年12月号 pp.58-59 日経Automotive
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。