新しい秩序が生まれるその前には、必ず混沌が存在する。「100年に一度」とも言われる大変革を起こすのが自動運転車だ。人工知能(AI)や半導体といった“キーパーツ”を持つメーカーや、モビリティーサービスを目論む異業種企業が台頭してきた。こうした状況の中で、競争力を失う危機に直面しているのがメガサプライヤーだ。変化に対応する現場を追った。

写真提供:Audi社、Continental社、NVIDIA社
[画像のクリックで拡大表示]
出典:2017年10月号 pp.44-45 日経Automotive
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。