技術者は様々な人たちと仕事をすることが求められる。同じ職場の同僚・先輩・後輩・上司・部下や、他部署の人たち、顧客、調達先などが含まれる。加えて、日本人だけでなく、海外の人たちと一緒に働くことも当たり前になってきた。今回は様々な人たちと働くときに大切なことは何かを考えてみる。 (本誌)

  まず前提条件として、技術者である以上、自分が携わっている固有技術や専門分野への深い知識や見識が求められます。一人ひとりの経験と年齢に相応した技術のレベルや確固たる考え、信念を持つことが不可欠です。その上で大切なのは、自分自身のアイデンティティーを確立することです。自らのアイデンティティーを確立するためには、多様な考え方を容認し、まず相手を認め、その後で相手から自分を認めてもらって、最終的に自己を認めるというステップが大切になります1)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら