人工知能の一分野である機械学習への期待が高まっている。人工知能の中でも、製品・サービス開発への応用が急速に進んでいるのが機械学習である。さらにその中で注目すべきなのが、技術領域としての統計的機械学習や、現在話題になっているディープラーニング(深層学習)である。本稿では、これらを現場で活用するために有用と思われる考え方を紹介する。 (本誌)

 機械学習とは、データからモデルを学習することである。これを取り扱う人工知能の技術分野は極めて広範にわたる。深い理解が求められる分野もある。従って、人工知能のすべてを学ぶのは非常に難しい。機械学習にも多くの山がある(図1)。基本理論の分野だけでも「決定木」「ロジスティック回帰」「サポートベクトルマシン」などの用語が出現する。

図1 たくさんの山を登る
機械学習の理論は、山に例えることができる。人工知能の領域は非常に広く、山は険しい上にたくさんある。統計的機械学習と深層学習は、その山の1つである。
[画像のクリックで拡大表示]

 機械学習を活用するためには、すべての山を登ろうとするのではなく、まずは1つの山を登り、基本を理解することが必要である。この際に、機械学習の手法を課題解決にどう適用するかについて考えながら学ぶことが重要だ。また、表現方法や最適化の解法についての用語や概念を学ぶことをお薦めしたい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら