クルマの価値がハードからソフト、そしてデータやサービスに移行しつつある。スマホのようにアプリを追加・更新し、新たな機能やユーザー体験を提供する手法がクルマにも広がる。クラウドとの連携や人工知能(AI)を活用した自動運転など、ソフトへの対応力が自動車メーカーや部品メーカーの競争力を決める。

写真提供:Daimler社、Tesla社、NVIDIA社、Audi社
[画像のクリックで拡大表示]
出典:2017年9月号 pp.46-47 日経Automotive
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。