プラント装置のポンプから、異常を知らせる信号が上がってくる。吸い込み圧力、吐出圧力、流量が大幅に低下し、さらに加速度計が振動の発生を検知。この状態ではポンプの軸受が数日しか持たないことが判明したが、なぜ振動が発生しているかは分からない。そこで、得られた情報をデジタルツインに当てはめて流体解析を実施。ポンプ内でキャビテーションが発生し、細かな泡が破裂することで振動が起こっていることが明らかになった─。

  ポンプメーカーの米Flowserve社による、ポンプのデジタルツインを説明するためのシナリオの一部だ(図1)。

図1 米Flowserve社によるポンプのデジタルツイン
稼働データから判明した不具合(キャビテーション発生)の原因をシミュレーションによって追求できる。イベントなどでの説明に用いる実演用モデル(a)と、デジタルツインの画面表示(b)。米PTC社、米National Instruments社、米ANSYS社などが協力している。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら