IoT(Internet of Things)による見える化やロボットを駆使した自動化、新しい生産方式の投入─。日本の製造業が、これまで以上に「強い工場」を構築すべく取り組みを加速させている。その背景にあるのは、新興国の追い上げなどによって工場の競争力が弱くなっているとの危機感だ。変種変量生産に対応しつつグローバル市場で勝ち残るには、「生産性」「品質」「柔軟性」にさらに磨きをかけなければならない。さらなる高みをめざす最先端工場の姿を追う。

bee32/ゲッティ イメージズ
[画像のクリックで拡大表示]
出典:2017年7月号 pp.30-31 日経ものづくり
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。