プロジェクターで現実空間に映像を投映してARを実現する「プロジェクションAR」。エンターテインメント分野で着実に普及しつつあるのが「プロジェクションマッピング」のイベントである。その進化は著しく、新しいタイプのシステムが登場したり、大規模な演出も可能になったりしている。加えて、高速に動く物体への投映もできるようになった。

 「プロジェクションマッピング」と耳にすれば、建築物の他、コンサートや演劇の舞台装置に、さまざまな演出を施した映像を投映する場面を思い浮かべることだろう。こうしたイベントでは、来場者はその演出映像を見るのが一般的。だが、最近では視聴者の動きに合わせるインタラクティブな(双方向性がある)演出や、より大規模で迫力がある演出を可能にするシステムが登場している。加えて、苦手とされた高速に動く物体に投映できるプロジェクターの製品化も始まった。これと同時に、エンターテインメント分野におけるプロジェクションARの波は、家庭にまで広がろうとしている。こうした最新の事例を紹介する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら