本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 ロボットやAIの領域でも大学からのスピンアウトで起業というケースが増えてきた。筆者は仕事柄、大学の研究室との付き合いが長いこともあり、大学の研究者と企業との共同研究についてよく議論する。国立大学法人の制度が始まったあたりから、大学の研究者も特許や企業との連携研究を推奨する動きがより強くなったようで産学連携が一層進んでいる。

  しかし、大学と共同研究する企業は大手が多い。そこで今回はロボット普及の鍵を握ると言われている中小企業がどのように大学とうまく連携するか、そのヒントを紹介したい。

この先は日経Robotics購読者限定です。