本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 物流用途向けに数々のロボットが登場する中で、ピッキングと搬送の両方を行うロボットを開発しているのが、米国ピッツバーグを本拠とするIAM Robotics社(アイアム・ロボティクス)である。

  Carnegie Mellon University NREC(National Robotics Engineering Center)出身の2人の創業者が2012年に創設した。同社 共同創業者兼CEOのTom Galluzzo氏に聞いた(図1)。

この先は日経Robotics購読者限定です。