本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2017年10月、韓国ソウルではAIとロボットに関する国際フォーラムが盛んに開催された。

 韓国Samsung Electronics社は著名なAI分野の教授を招待したフォーラムを開催して産学連携を強調、LINEの親会社である韓国NAVER社は開発者向けフォーラムで同社の生活ロボットプロジェクトを公開した。韓国の毎日経済新聞社が主催する「世界知識フォーラム」では中国Baidu(百度)社のPresidentであるZhang Ya-Qin氏が登壇し、「これからAIの研究と技術は中国が米国をリードするだろう」と語った。

この先は日経Robotics購読者限定です。