本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 あらゆる産業分野で、人工知能(AI)の活用が広がりつつある。その背景には機械学習の分野における研究の進展、特に深層学習(ディープラーニング)が果たしている役割が大きい。そして、精度の高い成果を生み出す実用的なAIを開発するためには、以下のような処理が必要になる。

(1)学習対象として大量の「学習用データ」を収集し、AIのプログラムに学習させる。

(2)これにより、「学習済みモデル」(AIのプログラムとパラメータの組み合せ)を生成する。

(3)この学習済みモデルに所定の入力を行うことで、学習の成果を基礎とした“AI生成物”を得る。

ここからは日経Robotics購読者限定です。