本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 機械学習の目標は、有限の訓練データからルールや知識を獲得し、(同じ分布からサンプリングされる)訓練データには含まれないが、訓練データと同様の性質をもつ未知のデータに対してもうまく推論できるようなモデルを獲得することである。この能力を汎化能力と呼ぶ。

 一般に学習は訓練データZ={zi}Ni=1が与えられた時、訓練データに対する損失関数l(z,f)の和を最小にするような関数fを求めることで実現する。

この先は日経Robotics購読者限定です。