本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 上空のドローンで空撮した画像が直接クラウド上にアップロードされ、測量結果の3Dモデルやインフラの異常箇所が即座に地上で確認できる─。

  ドローンが登場して以来、理想の姿として思い描かれてきたこうした業務の自動化が、クラウドとの連携でまもなく現実になろうとしている。

 こうした理想像の実現に最も近い位置にいるのが、ソニー系ドローンベンチャーのエアロセンスだ。同社は2017年12月、ドローンの空撮画像から地形の3Dモデルを自動生成し、ディープラーニングによる解析までを全てクラウド上で行うサービスを開始した。

  日本のドローンベンチャーは機体やその装備などスタンドアローンのハードウエアに注力する企業が多い中、エアロセンスはIT領域の技術力を生かし、空撮後のデータ分析まで一貫してシームレスにユーザーに提供できる体制を目指す。ロボット向けクラウドの活用で業界の先頭を行く企業である。

この先は日経Robotics購読者限定です。