本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 物流のためにドローンが自動的に荷物を運んだり、災害現場にドローンが急行して現場からの映像を自動中継する─。将来、ドローンがこうした用途で自律的に長距離飛行する際、欠かせない技術基盤が「UTM(unmanned aerial systems traffic management)」である。

 UTMとは、上空を飛び交うドローンの飛行位置などをリアルタイムに把握し、ITシステム上で一元管理。多数のドローンが飛行していても、衝突したりせず安全に飛行させるための仕組みである。いわゆる「管制システム」だ。

この先は日経Robotics購読者限定です。