本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 囲碁ソフト「AlphaGo」を開発し、世界トップの棋士に勝利したことで知られる米グーグル傘下のDeepMind社。

 イギリスのロンドンに拠点を置き、Demis Hassabis氏(右写真)が率いる同社は、ディープラーニングを用いた深層強化学習の分野で紛れもなく世界トップの技術力、人材を持つ企業だ。

 2013年には家庭用ゲーム機「Atari 2600」の複数のゲームを深層強化学習に掛け、人間に匹敵するスコアを実現したことでも注目を集めた。

Demis Hassabis氏(写真:DeepMind社)

ディープラーニングの技術生かす

 そんなDeepMind社が自らのディープラーニングの技術力を生かし、今度は移動ロボットの技術領域に進出し始めた。

 グーグルの「Google Street View」という実世界の膨大な画像データを機械学習に掛け、空間内を隅々まで探索させる。

この先は日経Robotics購読者限定です。