今後の市場拡大が見込まれる、電気自動車やハイブリッド車といった電動車両向け駆動システム(電動パワートレーン)を巡る開発が熱気を帯びている。「メガサプライヤー」と呼ばれる巨大な電装品メーカーだけでなく、モーターやインバーターなどを手掛ける車載部品メーカー、パワーデバイスや受動部品を扱うデバイスメーカーなど、さまざまな立場の企業が製品開発に注力している。新規参入する企業も少なくない。新規参入組の中で鼻息が荒いのが日本電産だ。そんな同社の車載事業部を率いる専務執行役員の早舩一弥氏が、今後の電動化市場への期待と事業戦略などを語った。(聞き手=根津 禎、久米 秀尚)

日本電産 専務執行役員の早舩一弥氏。同氏は以前、三菱自動車工業で電気自動車などの開発に携わっていた。
日本電産 専務執行役員の早舩一弥氏。同氏は以前、三菱自動車工業で電気自動車などの開発に携わっていた。

 世界の各国・各地域で、2020年ごろから従来よりも燃費・CO2排出基準が厳しくなる。これに伴い、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)といった電動車両を20年ごろから増やす傾向にある。

 例えば欧州では、乗用車におけるCO2の平均排出量の目標値が2015年の130g/kmから、2021年には95g/kmへ引き下げられる。これまでは、マイルドハイブリッド車やディーゼル車が中心だった欧州市場だったが、これからは電気自動車やプラグインハイブリッド車(PHEV)が投入されることになる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら