ファンドで採用される「GK-TKスキーム」

 太陽光発電ファンドを組成して、インターネットを通じて、投資家を募るケースについて、法律相談を受けることが多くあります。

 手法としては、営業者が太陽光発電に適した場所を調達し、発電所の建設計画を立て、その太陽光発電所で売電事業をするための合同会社(ファンド)をつくり、ファンドの出資者を募集するという方法です。

 固定価格買取制度(FIT)により、高い利回りを実現できるということで、数多くの少額の太陽光発電投資を集めるスキームも存在します。

 しかし、投資家はもちろん、営業者のなかにも、「GK-TKスキーム」の法的な意味合いを理解していない方が目立ちます。

 ひとたび、トラブルが発生すると、この「GK-TKスキーム」の法的性質が論点となるケースもあることから、基本的な事項でありますが、今回、解説のテーマに選ばせていただきました。

「GK-TKスキーム」を採用した福島県楢葉町のメガソーラー
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]